当社によくいただく質問 Part1

日頃より当社のホームページ、ブログをお読みいただきまして、

誠にありがとうございます。

 

皆様よりたくさんのお問い合わせをいただいておりますが、

本日から数回にわたり、よくご質問をいただく内容や、

加圧をやる前に知っておきたいことなどをご紹介していきたいと思います。

 

ご参考にしていただければ幸いです。 

 

 

Q1. 写真を見ると、腕や脚にベルトを巻いていますが、

これはどんなものでもよいですか?

また、血液の流れを止めて何かを行うのですか?

 

A1. 加圧トレーニングを行う際に使用するベルトや器具は必ず専用のもので、

加圧トレーニング本部認定の正規品を使用します。

器具は担当のトレーナーが所有するものを使用しますので、

お客様がご準備していただく必要はありません。

 

なお、加圧トレーニングは血液の流れを止めて行うものではなく、

【適切に血流制限】をしたうえで行います。

 

この状態で体に多くの効果をもたらし、体の状態を改善していきます。

 

注意)ご自身で勝手にバンド、ゴムチューブなどを巻いてトレーニングを行うと

「止血」をしてしまい、大変に危険です。

これは加圧トレーニングではありませんので、くれぐれもご注意ください。

また「類似品」については加圧トレーニングと一切関係がありませんので、ご了承ください。

※ご自身で加圧ベルトを購入されたい方は、別途ご相談ください。当社では販売資格者もおりますので、ご安心下さい。 

Q2. 加圧トレーニングはトレーナーがついて行うと聞きましたが、

マンツーマンによるパーソナルトレーニングなのでしょうか。

またトレーナーは何か資格を有しているのですか?

 

A2. 加圧トレーニングは、トレーナーとお客様のパーソナルトレーニングです。

トレーナーがお客様に加圧をすることで、体に無理な負担がないか、

適切にトレーニングが行えているかを十分に配慮しながら行うためです。

 

お客様が複数ですと、お客様同士が無理に競い合うなどの状態を避けるためでもあります。

(一部の加圧正規認定品のプログラムではペアトレーニングが認められておりますが、

当社では現在は行っておりません。)

 

トレーナーの資格につきましては、加圧トレーニング本部が認定する

「加圧インストラクター」または上級資格の「加圧スペシャルインストラクター」

という民間資格を必ず保有しております。

 

当社は在籍する1名が「加圧スペシャルインストラクター」の資格を、

さらにもう1名は「加圧スペシャリスト」という厳選された

有資格者にのみ与えれる資格を保有しております。

 

 

よって、お客様には安全かつ適正な加圧プログラムを提供させていただいております。

発明者(佐藤義昭氏)による加圧スペシャリスト授与式
発明者(佐藤義昭氏)による加圧スペシャリスト授与式
出張加圧トレーニング べーる
加圧ベルト 購入

加圧トレーニングのメカニズム

(株)さらら Facebookページ

「接続するボタン」を押すと、最新情報が見られます。



株式会社さらら

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア

TEL:03-6869-6598

電話受付時間:9:00 - 18:00(平日・土日祝日)

受付時間外やレッスン中など、あいにくお電話がつながらない場合は「お問合わせフォーム」をご利用ください。



正規認定加圧トレーニング

加圧トレーニングロゴ

KAATSU SPECIALIST

加圧スペシャリスト

KAATSU SPECIAL INSTRUCTOR

加圧スペシャルインストラクター

ハイレベルな有資格者だから安心 

※当社は加圧トレーニングの本部ではありません。

加圧トレーニングに関する基本的なご質問は、「KAATSU JAPAN株式会社」に直接お問合わせをいただきますよう、お願い申し上げます。

NEWS

2019.7.22
【加圧ベルト入荷についてのお知らせ】
8/10(土)~8/18(日)の期間中はメーカーが夏期休業のため、加圧ベルトの入荷ができません。ご購入の方はお早めにお問合わせください。
2019.7.7
【10月の消費税法改正に伴う価格改定について】
2019年10月に予定されている消費税法改正に伴い、当社提供サービスの価格改定を行います。(すべての商品・サービスを消費税8%→10%に価格改定いたします。)増税前にお得にご利用ください。

※重要※【当社へのお問合わせについて】
せっかく「お電話」をいただきましても、他のお客様のレッスン中などにより、対応ができない場合がございます。その際は、留守番電話にメッセージを残していただくか、お問合わせフォームからご用件をいただきますと幸いです。お手数をおかけしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。