第14回 日本加圧トレーニング学会学術集会に出席しました③

11/24,25日に行われた日本加圧トレーニング学会および日本加圧医療学会で発表された内容を掲載いたします。

今回は第3回目(最終回)です。

加圧医療専用機器「KAATSU MASTER 2.0」が誕生します!

加圧トレーニングは、専用ベルトで血流を適切に制限する、

という特殊なトレーニングです。

 

血流制限をすることにより、筋肉は一時的な酸素不足となります。

この酸素不足の状態になることで体が危機的状況としてとらえ、

防御反応として「筋肉肥大」がなされる、

と最近の研究結果で言われています。

〈体内コンディションをタイムリーに把握しながら加圧トレーニングをする。〉

加圧トレーニングをリハビリ用、医療用として用いるには、

「体内の酸素濃度を確保した状態にしておく。」ことが

条件とされているようです。

 

酸素不足による体へのデメリットがあるためです。

そこで新たに誕生するKAATSU MASTER 2.0 は「血液内の酸素飽和度を簡単に把握できる」

ものになりました。

酸素飽和度を計測する

〈Masimo Pulse Oximeter で酸素飽和度をチェックしながら加圧トレーニングができる。〉

酸素飽和度とは簡単に言うと、「体内に適切な酸素が

血液によって運ばれているか」を示す数値です。

 

Pulse Oximeter(パルスオキシメーター)は指先だけで

容易に酸素飽和度の計測ができます。

 

今回新たに誕生する「KAATSU MASTER 2.0」は、

このパルスオキシメーターが付属されており、

体内コンディションをタイムリーに把握しながら

加圧トレーニングができるものなのです。

〈日本では加圧医療専用機器を、サルコペニア予防・治療として展開〉

このKAATSU MASTER 2.0 は、加圧発明者である佐藤義昭氏を筆頭に、

KAATSU global社(アメリカの加圧本部)が研究、開発しました。

 

アメリカでは国防総省と退役軍人省が加圧トレーニングをリハビリ、

予防医療として大いに役立つものとして認めています。

 

一方、日本で生まれた加圧トレーニングですが、

筋トレのイメージから抜け出せずにいます。

効率的に筋トレができる、という事実ももちろんありますが・・・。

 

日本国内では今後、KAATSU MASTER 2.0でサルコペニアの予防と

治療に役立てようと展開される見込みです。

 

サルコペニアとは、加齢による筋肉の低下という意味で、

身体能力の低下、病気や骨折のリスク向上がされます。

病人や怪我人が増える = 医療費が増える。

 

この日本国内の危機的状況に一役買おうと、加圧トレーニングに関わる人々は、日々頑張っています。

出張加圧トレーニング べーる
加圧ベルト 購入

加圧トレーニングのメカニズム

(株)さらら Facebookページ

「接続するボタン」を押すと、最新情報が見られます。



株式会社さらら

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア

TEL:03-6869-6598

電話受付時間:9:00 - 18:00(平日・土日祝日)

受付時間外やレッスン中など、あいにくお電話がつながらない場合は「お問合わせフォーム」をご利用ください。



正規認定加圧トレーニング

加圧トレーニングロゴ

KAATSU SPECIALIST

加圧スペシャリスト

KAATSU SPECIAL INSTRUCTOR

加圧スペシャルインストラクター

ハイレベルな有資格者だから安心 

※当社は加圧トレーニングの本部ではありません。

加圧トレーニングに関する基本的なご質問は、「KAATSU JAPAN株式会社」に直接お問合わせをいただきますよう、お願い申し上げます。

NEWS

2019.7.22
【加圧ベルト入荷についてのお知らせ】
8/10(土)~8/18(日)の期間中はメーカーが夏期休業のため、加圧ベルトの入荷ができません。ご購入の方はお早めにお問合わせください。
2019.7.7
【10月の消費税法改正に伴う価格改定について】
2019年10月に予定されている消費税法改正に伴い、当社提供サービスの価格改定を行います。(すべての商品・サービスを消費税8%→10%に価格改定いたします。)増税前にお得にご利用ください。

※重要※【当社へのお問合わせについて】
せっかく「お電話」をいただきましても、他のお客様のレッスン中などにより、対応ができない場合がございます。その際は、留守番電話にメッセージを残していただくか、お問合わせフォームからご用件をいただきますと幸いです。お手数をおかけしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。