加圧トレーニングの理論と5大効果

理論


加圧トレーニングは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」です。

専用の加圧器具を使用して、腕のつけ根(上腕二頭筋の基部)や脚のつけ根(大腿部の基部)に各個人に合った適切な圧をかけながら、目的別のトレーニングや運動をおこないます。

 

それによって、

  • 血管の拡張・収縮機能が高まり、血行が良くなる。
  • 血管内皮細胞がやわらかくなり、弾力性のある血管によみがえる。
  • 速筋と遅筋が同時に鍛えられる。
  • 成長ホルモンが大量に分泌され、新陳代謝を活発にする。

などの、うれしい効果がたくさん!

5大効果


ダイエット効果

トレーニングによる筋肉増加で、代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくします。

血行促進

加圧・除圧をくり返すことで、血管に弾力性をもたせます。柔軟な血管は血流をよくし、新陳代謝を活発に。 

回復力アップ

骨折や肉離れ、ねんざなどのケガの回復が早くなる研究結果がたくさんあります。

加圧トレーニングによる成長ホルモンの分泌や、血流促進により、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。

筋力アップ

軽い負荷および短時間ですので、老若男女だれでも続けやすいトレーニング方法です。 

若返り・美肌

成長ホルモンは肌のハリやツヤを取り戻し、脂肪もつきにくい体にしてくれます。