「人間関係」という生き物

人間関係。

 

社会人は職場、取引先、夫婦、家族、親せき、友人・知人同士、ママ友同士など。

学生は部活動、サークル活動などで必ずついて回る問題であり、避けては通れない問題ですね。

 

大概の方は気になる問題であり、ストレスになり、マイナスなイメージが付きやすいです。

 

 

先日も、ある女子サッカーチームで、指導者側と選手側での人間関係の崩れにより、選手の退団問題が報じられました。

結局は指導者側が退任をする方になりましたが、スポーツの世界でも人間関係が例外でないことが浮き彫りになりました。

 

 

プロ野球では、中日ドラゴンズの谷繁監督が休養という形で、実質的には成績不振による解任となりましたが、球団側との意見の相違がありながらも、話し合いが全くされていなかったという報道もされています。

 

 

とある大学の先生は、学生時代にサッカーに打ち込んできたそうですが、大学の4年間の中でこの先輩とはやっていけないとか、指導者との人間関係には随分悩んできたそうです。

 

 

同時に競技を長く続けられるかどうかは、この人間関係が切り離せない問題です。

これは職場でも、人付き合いでも同じことが言えます。

 

 

 

では、なぜこのような問題が起こるのでしょうか?

 

 

私はメンタル面の専門家ではないので、心理学の理論を全く無視して書くのであれば、その1つは、自我100%押しつけ主義にならないことだと思っています。

 

 

人間対人間、やはり無意識のうちに自分の主張や意見を通そうという気持ちが強く出てきます。

 

自分の考え方を持っていて、その気持ちを理解してほしいという現れでもありますが、この押しが強すぎると相手にとっては威圧感・嫌悪感に姿や形を変えることにもつながります。

 

 

私たち加圧パーソナルトレーニング指導という職業は、お客様との人間関係で成立をしています。

 

お客様との毎回のセッションはコミュニケーションの連続です。

 

指導する側はお客様に、正しい方法と知識で加圧トレーニングのセッションを実施します。

 

加えてその日の心身のコンディション、ニーズ、悩みごとなどを考慮しながら進めていくわけです。

 

 

ですから自信を持ってトレーニングを進めてくことが必要です。

同時に気をつけていることは、俺が絶対!

俺の言うことを100%聞け!

とならないことです。

 

持っているものをしっかりと伝えるということは大切なことです。

ただし加圧トレーニングに対しての自我100%とならないことに気をつけています。

 

自分=相手ではありません。

 

なぜならトレーニングをどう感じられているかは受ける側であるお客様の心理にならないと、分からないですから。

 

ただ同時にこういう場合には、体と心でお客様がどう感じているかということを汲めるようになること。

 

これは指導者自らも加圧トレーニングをしっかりと実践していることにつながります。