反復の中から結実するもの

リオオリンピックが開幕し、連日熱戦が繰り広げられています。

 

国内では、高校野球も同じ時期に開催されています。

 

テレビの前にくぎ付けの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

共に大会までの準備、という側面から見ていくと、五輪は4年間の準備、高校野球だと3年生は3年間の準備を経て、本番に臨んでいます。

もっというなら幼少時から競技を続けてきているので、10数年分の準備となります。

 

どの選手も毎日毎日、目標を持ちながら同じことを繰り返し、レベルアップに励んで現在に至っています。

レベルアップをはかっていくには、同じことを数十回、数百回、数万回と繰り返し、体に覚えこませます。

このことを徹底していくわけです。

 

 

例えば、プロ野球、東京ヤクルトスワローズの山田選手、昨年トリプルスリーを達成し、一躍話題になりました。

山田選手は試合の前に、10数種類のバッティング練習を、必ずコーチとマンツーマンで行うそうです。

必ず、これを行うのです。

言ってみれば単調にもなりがちなことを年間143試合行うわけです。

 

 

同じことをひたすら繰り返していくことで、レベルが上がるのかと思われがちですが、

例えば資格試験や大学入試での勉強から見てみるとどうでしょうか。

 

最初は何をどう手を付けていけばよいのを見いだせず、いろいろな種類のテキストに手を出します。

やってはやめの繰り返しという、マイナスのサイクルに陥ります。

 

しかし、やる方向性が決まってくると、あれもこれもとテキストはいらなくなってきます。

それよりも同じテキストを深く読み込めるようになってきます。

そうすると、いろいろなパターンを想定しながら理解できるようになってきます。

 

 

トレーニングという局面だと、どうでしょうか。

 

やはり、一見単調なように思われることを繰り返していきながら、体と意識に覚えさせていき、このことを継続していくことが重要になります。

 

徹底して同じことを反復し、体に覚えこませることでその蓄積が目には見えなくても、とんでもない力を発揮するようになります。

 

 

まずは習慣づけと継続が最も重要です。

このことを徹底していける方は、大きな成果を上げられます。