なぜ練習するのか?「怖いから。」

その昔、ある有名プロボクサーがテレビ番組の取材でこのようなことを言っていました。

 

Q.○○選手は圧倒的な強さを誇っていて余裕さえ感じますが、なぜそこまでのトレーニングを繰り返しているのですか?

A.怖いからですよ。負けることが。だって負ければすべてを失うわけですから。

 

確かにボクシングというスポーツは、他のスポーツに比べ、リスクの高い競技だと思います。

 

世界戦だと12ラウンドで試合をします。

有利に試合を展開して、例えば途中のラウンドで数回ダウンを奪って、ポイントで圧倒的に有利な展開だとします。

しかし一発のパンチで、もっと言えば、こぶし一つの差で相手のパンチが当たることで、大逆転が起こる競技だからです。

 

例えば、野球であれば、4点差は満塁ホームランがでなければ、一気に追いつくことはできません。

サッカーですと、どんなロングシュートが決まろうとも、1点であることには変わりはありません。

 

ですから、このボクサーは細心の注意を払いながら、またそのイメージも想定しながら、普段のトレーングに励んでいたのだと思います。

 

 

人間の体はどうでしょう。

 

不摂生を積み重ねていくにしたがい、少しづつ体の状態が悪くなることは実感できません。

 

このようなことが実感できれば、分かりやすいのかもしれませんが、

 

長年の積み重ねで、ある日突然、体に異変が襲ってきてしまうケースが多いでしょう。

 

老朽化した建物に近いイメージかと思います。

 

 

想定外のことが体に起こると、自分自身だけでなく、家族も急な変化を求められることになってしまいます。

介護のために退職をしたり、正社員で働くことは断念し、短時間の勤務に変更することになってしまいます。

 

当然、経済的かつ精神的な損失が起きてしまうのです。

 

これからの日本、絶対に避けなければならないのです。

 

ということは逆に言うと、日常生活からこつこつと積み上げていくことが求められていきます。

 

健康・医療の分野では、一次予防という考え方があります。

 

病気にならないためにどのように取り組むか。

例えば、禁煙、大量の飲酒をしない、運動、バランスの良い食生活、ストレスを軽減すること、しっかりと休息をとるなど。

 

まさに自分自身の体に対して、失点をさせないこと、逆転KO負けにならないような努力が求められるのです。