頑張るところが違う!?

よく、「じぶんひとりで全てを頑張ってしまう人」をみます。

 

 

「器用だし、節約にもなるし、ちょっと勉強すれば、自分でできちゃうじゃん!」

 

がんばろう、という気持ちはわかりますが、でもそれって、どうなんでしょうか?

 

人にはそれぞれ、プロフェッショナルの分野とそうではない分野がありますね。

 

 

プロになるために、時間とお金をかけて勉強し、資格も取って、実績もつくって信頼されてきた。

それぞれの分野には必ずプロが存在しています。

 

 

たとえば、美容師さん。

専門学校で技術を学び、美容院で勤めながらさらに接客、シャンプー方法やカット技術を学ぶ。

技術を取得し、お客様に喜んでもらえるようなサービスを提供する。

よって、報酬を得ていますね。

 

 

たとえば、税理士さん。

当社はいままで自分たちだけで経理をおこなってきましたが、

最近やっと、税理士の方にお願いをするようになりました。

仕事もはやく、コンサルもしてくれます。

よって、自分たちの仕事に時間を使えるようになりました。

 

 

たとえば、会社のロゴ。

起業当時に身内だけで作ったロゴでしたが、最近、プロのデザイナーの方に

依頼をし、リニューアルをしていただきました。

とてもとても、これはプロじゃないと、作れないね!というクオリティーの高さです。

 

 

そして。

 

筋力トレーニングはどうでしょうか?

トレーニング本などで、自分でできそうなトレーニング方法はたくさん紹介されています。

が、ほんとうに効果があるのでしょうか?

 

 

素人は、プロには勝てません。

要するに、ピントが外れたところで努力をしても、それなりの結果でしかないわけです。

 

 

自分でできることと、これはプロにまかせよう!という分野をわけることにより、

効率がよかったり、よい結果を生んだり、そして何よりも、自分の時間ができるのがうれしいですね。